レーザー脱毛の種類

永久脱毛を希望するなら、クリニックでしか行うことの出来ない医療レーザー脱毛が人気です。医療レーザー脱毛は、医療行為となるため医師の監視下でしか行うことが出来ないと法律により決められています。その理由は、レーザー脱毛はエステで行われているフラッシュ脱毛よりもその出力が高いため脱毛効果も高くなるものの、きちんと扱わなければ火傷などのトラブルが起きる心配がある為です。また、永久脱毛と謳うことが出来るのはクリニックで行われる医療レーザー脱毛のみとなっています。脱毛効果が高く、更に脱毛サロンのフラッシュ脱毛と比べて治療が短期間で済むというのが大きなメリットです。

そんなクリニックで扱われている医療レーザー脱毛ですが、レーザーにも幾つかの種類があります。そしてそれぞれのレーザーによって異なる特徴を持っています。クリニックでの脱毛に利用されているレーザーの中でも特に有名で幅広く使用されているのが、YAGレーザーとダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーの三種類です。どれも脱毛の仕組みは同じでムダ毛や毛根、そして周囲の組織にレーザー光によるダメージを与えることで脱毛を促します。最近では、アレキサンドライトとYAGレーザーの異なる種類を組み合わせた複合レーザー機もでてきています。それぞれのメリットを組み合わせてより効果的な脱毛が期待できるようになっています。

今回はYAGレーザーとダイオードレーザーに焦点をあてて説明していきたいと思っています。脱毛したい部位や自分の毛質などによって、適したレーザーを選べるようになるためにもその特徴をしっかりと把握しておくべきです。